01:42 2021年05月10日
社会
短縮 URL
117
でフォローする

アムネスティ・インターナショナルのデータによれば、2017年に最も頻繁に死刑を執行したのは、イランやサウジアラビア、イラク、パキスタンだった。中国における死刑執行についての情報は機密扱いだが、人権保護活動家らの考えでは、処刑された人数は数千人に上る可能性がある。

スプートニク日本

報告書では、17年における世界の死刑判決・執行の件数は、全体として16年と比べ減少したと指摘されている。アムネスティ・インターナショナルは昨年、合計で993件の死刑執行を記録。これは16年(1032件)よりも4%少なく、15年よりも39%少ない数字だ。

ただ同時に、この統計は、中国を含む数カ国での死刑適用を考慮に入れていない。中国では、死刑執行についての情報は国家機密とされている。同じような状況はベラルーシやベトナムでも維持されている。

アムネスティ・インターナショナルのデータによれば、記録された全執行数の半数以上(51%)がイランで行われている(507件)。全体では、イラン、サウジアラビア、イラク、パキスタンが、昨年における世界での死刑執行の84%以上を行っている。

アムネスティ・インターナショナルはまた、様々な国によって死刑に使われている手法についての情報も収集。最も広く使われているものの中には、斬首刑(サウジアラビア)や絞首刑(バングラデシュ、エジプト、イラク、イラン、パキスタン、シンガポール、日本、その他の国々)、薬殺刑(ベトナム、中国、米国)、そして銃殺刑(バーレーン、ベラルーシ、イエメン、中国、アラブ首長国連邦、パレスチナ、朝鮮民主主義人民共和国、ソマリア)がある。

関連ニュース

トランプ大統領、麻薬密輸人に死刑適用を提案

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント