22:38 2018年11月15日
ウクライナのポロシェンコ大統領

ウクライナ大統領 チェルノブイリ立ち入り禁止地区をイノベーション領域へ刷新と主張

© Sputnik / Mikhail Markiv
社会
短縮 URL
107

ウクライナのポロシェンコ大統領はチェルノブイリ原発の立ち入り禁止ゾーンをイノベーション技術の領域に変える必要性を主張した。

スプートニク日本

ポロシェンコ大統領はこの大胆な案を自身のツィッター上に表している。

「今日われわれは、あらゆる尽力をつくし、この悲劇が二度と繰り返されないようにせねばならないだけでなく、あの出来事から教訓を得ねばならない。現代のチェルノブイリ・ゾーンは新しい進んだ技術の場所、変化の領域にならねばならない。」

これより前ウクライナは、チェルノブイリ原発事故による放射能汚染で立ち入り禁止ゾーンとなった場所を訪れる観光客の数が増えていることを明らかにしていた。

1986年4月26日、チェルノブイリ原発事故が起きた。この事故を上回る人類史上最大の技術災害は未だに起きていない。

関連ニュース

チェルノブイリと福島事故は異なるが、結果は似ている

タグ
ウクライナ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント