09:19 2018年05月24日
東京+ 17°C
モスクワ+ 13°C
    豪最高齢の学者、安楽死のためスイスへ

    豪最高齢の学者、安楽死のためスイスへ

    © Fotolia / Ursule
    社会
    短縮 URL
    0 33

    オーストラリアで最高齢の学者、デービッド・グッドール教授(104)が、安楽死に向け投薬処置を受けるためスイスに向かうとオーストラリアン紙が伝えている。

    スプートニク日本

    豪ビクトリア州では、安楽死は不治の病の患者に対してしか許可されていない。グッドール教授は不治の病を患ってはいないが、自らの生活の質を悪化させた数多くの疾患が原因で、これ以上生きることを望んでいない。

    安楽死についての教授の依頼は、スイスのバーゼルにある関連サービスを提供する代理店によって審査・承認された。今回の訪問を目的として、活動家らが教授のためにおよそ1万5千ドルを集めた。グッドール教授は5月初めに飛行機でスイスに向かう予定。

    グッドール教授は地球植物学と生態統計学の専門家。パースにあるエディス・コーワン大学で教授職を務めている。

    タグ
    スイス, オーストラリア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント