10:49 2018年11月19日
ノーベル文学賞

ノーベル文学賞、授与延期 セックススキャンダルで

© AP Photo / Fernando Vergara
社会
短縮 URL
0 13

スウェーデン・アカデミーはセクハラなどの複数のスキャンダルを受けて、今年のノーベル文学賞授与を見送ると発表した。ノーベル平和賞は「スウェーデン・アカデミーの危機はノーベル賞に悪影響を及ぼした。状況の深刻さを全て強調するこの決定は、賞の評判を保つことに役立つ」としている。

スプートニク日本

今回の決定は何より、フランスの写真家ジャン・クロード・アルノー氏によるセクハラ疑惑というスウェーデン・アカデミーにおけるスキャンダルを受けたもの。アルノー氏は1992年からアカデミー会員であるスウェーデンの詩人、カタリーナ・フロステンソン氏の夫。去年11月、女性18人がアルノー氏のセクハラを訴えた。訴えによると、一部のセクハラはアカデミーが所有する施設で行われた。アルノー氏は容疑を否認。疑惑が出た直後、投票によりアカデミーからフロステンソン氏が辞任した。

同時にアカデミーではもう1つのスキャンダルが進行。一部の会員が数年間に渡り、受賞者の名前を事前に洩らしていた。

スウェーデン・アカデミーの決定をノーベル委員会は支持。文学賞以外の今年の授賞プロセスに影響はないという。次期ノーベル文学賞受賞者は2019年に発表される。

ノーベル文学賞は1901年から毎年授与されている。最後に授与が延期されたのは1943年で、第2次世界大戦中だった。

タグ
ノーベル賞
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント