13:01 2018年05月26日
東京+ 23°C
モスクワ+ 9°C
    デーモン・アルバーン氏

    「ゴリラズ」の生みの親、タクシーでニューアルバムをなくしかける

    © AFP 2018 / Alice Chiche
    社会
    短縮 URL
    0 30

    アニメキャラクターで構成される架空バンド「ゴリラズ(Gorillaz)」のニューアルバムが6月にリリースされる予定だ。ところが「ゴリラズ」の生みの親であるデーモン・アルバーン氏が、アルバムのマスターモデルとビジュアル部分をなくしそうになったという。

    スプートニク日本

    タブロイド紙デイリー・ミラーによると、アルバーン氏はロンドンのバー「The Groucho Club」から帰る途中、ノートパソコンをタクシーに忘れてしまった。

    匿名の消息筋は「これは悪夢だった。デーモンはすべてを担当しており、ゴリラズでは音声だけでなく、高価なビジュアル部分も担当している。このノートブックは価値をつけられないものだった」と語った。

    消息筋によると、アルバーン氏はノートブックがないことを知り、パニックに陥った。だがタクシー会社がすぐにノートブックを見つけ、アルバーン氏に返したという。

    関連ニュース

    タグ
    びっくり, エンタメ, 音楽, 事件
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント