08:29 2018年09月20日
長時間に及ぶ惑星間飛行中に宇宙飛行士が「冬眠状態」に入るための新薬をロシアの研究者が開発中であると、ロシアのプロジェクト集団「Russian Foundation for Advanced Research Projects in the Defense Industry」のプロジェクトリーダー、アナトリー・コヴトゥン教授が語った。

露研究者、惑星間飛行中の宇宙飛行士の「冬眠」方法を開発中

© Fotolia / Studio023
社会
短縮 URL
0 61

長時間に及ぶ惑星間飛行中に宇宙飛行士が「冬眠状態」に入るための薬の開発が現在、ロシアの研究者らによって進められている。ロシアのプロジェクト集団「ロシア国防産業上級リサーチプロジェクト基金」を率いるアナトリー・コヴトゥン教授が語った。

スプートニク日本

コヴトゥン教授は開発中の人間を休眠状態に入らせるための方法について、「遠い宇宙の開拓技術の開発の際に用いられると思う。なぜならそういった目的は、酸素消費量、並びに宇宙飛行士の身体エネルギー源の消費量を減少させることによってのみ達成可能だからだ」 と語っている。

同氏によれば、当該プロジェクトの最終的な目標は、人間を休眠状態に入らせるための薬を開発することである。

また、動物を一定時間眠りに入らせることに成功した実験結果についても言及した。実験結果では、血液循環のスピードや心拍数の低下、また身体のあらゆる生化学的プロセスを犠牲にして身体の、そして組織の酸素消費量が著しく減少することが明らかになっている。薬の効果が切れると、10~24時間で動物は目を覚ますと報告されている。

関連ニュース

米教授、天の川のリズムをメロディーに変換 ジャズに仕上がる【動画】

タグ
宇宙飛行士, 宇宙, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント