08:13 2018年06月24日
ロシア女帝の真珠、日本人が4100万円で落札

ロシア女帝の真珠、日本人が4100万円で落札【写真】

© REUTERS / Yves Herman
社会
短縮 URL
0 24

ロシアのエカテリーナ2世が所有していた特徴的な形状の真珠がオランダ・ハーグのオークションハウス「フェンデュハウス(Venduehuis)」で落札された。真珠は世界最大の淡水真珠。落札価格は32万ユーロ(4100万円)。BBCが報じた。

スプートニク日本

特徴的な形状から「眠れる獅子」という名がついた真珠は、金メッキされた真鍮の小箱に入った状態で落札。真珠は1765年、中国からオランダ東インド会社の船に乗ってオランダに運ばれたと見られる。なお当時、大型真珠の輸出は禁止されていた。

​最初の所有者となったのは東インド会社会計主任のヘンドリック・コンラッド・サンデル。彼の死後、1778年に真珠はアムステルダムでエカテリーナ二世によって落札された。「眠れる獅子」はエルミタージュで保管されていたが、1867年、宝石商のリュドヴィク・ウィレム・ファン・クーテンが購入。真珠はクーテンの家で数世代に渡り保管されていた。そしてタイムズ紙によると、今回の競売により、日本人の手に渡った。

関連ニュース

世界最高額のウイスキー 香港の競売で110万ドルで落札

ボブ・ディランのギター、5400万円で落札

タグ
文化, 歴史, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント