15:22 2018年06月21日
チリ

道路が最も悪い国と良い国が発表される

CC BY-SA 3.0 / Vincent van Zeijst / The unpaved Road Y-50 in Chilean Patagonia
社会
短縮 URL
121

世界競争力報告2017-2018版の道路が最も悪い国と良い国ランキングが発表された。

スプートニク日本

ランキングに入ったのは137カ国。道路の質は1から7のレベルで判断された。なお最高レベルと評価された国は一つもなかった。

道路が最も悪いのは、レベル2のモーリタニアだった。これにレベル2.1でコンゴ民主共和国とハイチが続いた。

道路が最も良い国は、アラブ首長国連邦(レベル6.4)で、シンガポール(レベル6.3)、スイス(レベル6.3)、香港(レベル6.2)、オランダ(レベル6.1)、日本(レベル6.1)、フランス(レベル6)、ポルトガル(レベル6)、オーストリア(レベル6)、米国(レベル5.7)と続いた。

なおロシアはレベル2.9で114位だったが、ロシアの道路には改善の傾向がみられると指摘された。

関連ニュース

「世界で最も幸せな国ランキング」発表―日本は何位?

タグ
番付・ランキング, アフリカ, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント