07:11 2020年09月24日
社会
短縮 URL
0 31
でフォローする

アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで7日、オランダのマキシマ王妃の妹イネス・ソレギエタさんが死去した。33歳だった。AFP通信が伝えた。

スプートニク日本

アルゼンチンのメディアの報道によると、7日午前0時(日本時間同日正午)ごろ、ブエノスアイレスの自宅アパートでソレギエタさんの遺体が見つかった。警察によれば、自殺の可能性が高い。

​過去にソレギエタさんはうつ病に悩んでおり、2012年に治療を受けていたという。

​マキシマ王妃は妹の葬儀に出席するため、今後数日間にわたって公式行事への出席をキャンセルし、アルゼンチンを訪れるという。

関連ニュース

米ファッションデザイナーのケイト・スペードさんが死去  警察が自殺と確認

タグ
死去, オランダ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント