03:33 2020年07月12日
社会
短縮 URL
ロシア・スポーツ界のドーピングスキャンダル (86)
0 01
でフォローする

モスクワ反ドーピング研究所の元所長グリゴリー・ロドチェンコフ氏が自殺未遂を図ったとの報道を受けて、ロドチェンコフ氏の弁護士のジム・ウォルデンは事実無根と報道を否定した。

スプートニク日本

ウォルデン弁護士は、ロドチェンコフ氏は十分に健康な状態であり、複数のスポーツ機関、捜査機関と協力関係を続けていると語っている。

ロドチェンコフ氏は、世界反ドーピング機関(WADA)にロシアでの大規模な禁止薬物の使用について発言した後、知名度を上げた。

関連ニュース

WADAに情報提供したロドチェンコフ氏、ワシントンで自殺を図る=消息筋

ロシア捜査委員会、WADA告発者ロドチェンコフ氏のデマの証拠を集める

トピック
ロシア・スポーツ界のドーピングスキャンダル (86)
タグ
スキャンダル, スポーツ, WADA, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント