05:27 2018年10月21日
フランスの肉屋ら、攻撃的ヴィーガンからの保護を政府に依頼

フランスの肉屋ら、攻撃的ヴィーガンからの保護を政府に依頼

© Sputnik / Vladimir Vyatkin
社会
短縮 URL
153

フランスの精肉店連盟が政府に対し、絶対菜食主義者(ヴィーガン)とその「物理的手段、口頭、及び倫理的手段による」攻撃からの警察による保護を、連盟メンバーに提供するよう依頼していると、デイリー・テレグラフ紙が伝えている。

スプートニク日本

連盟会長は連盟のメンバー1万8千人による政府宛ての書簡の中で、攻撃的な「ヴィーガンが恐怖を植え付け」、食肉の消費という「フランス文化の一分野全体を破壊することを目指している」と主張。

連盟会長のメッセージでは、絶対菜食主義者らは自らの見解を宣伝するため、精肉店に石を投げつけたり、血を模した赤い液体を店のショーウインドーにかけたり、落書きを描いたりするなど、野蛮行為の様々な形を用いているとの会長の言葉が述べられている。

関連ニュース

直火焼きの肉の危険性についてハーバード大の研究チーム

心臓の健康を促進するために魚を食べよう

タグ
フランス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント