21:56 2018年10月23日
南極

南極の氷、5年間で1兆トン超消失

© Fotolia / David
社会
短縮 URL
204

国際学者グループは、南極の氷が2012年から2017年までに1兆トン以上解けたとの結論に達した。欧州宇宙機関(ESA)が伝えた。

スプートニク日本

ESAのホームページでは「2012年から2017年までに南極は年間2190億トンの氷を失い、海面が年間0.6ミリ上昇した」と述べられている。

なお2012年までは年平均760億トンの氷が融解し、海面は0.2ミリ上昇した。

最も深刻な変化があったのは南極西部の氷床で、消失した氷は1990年代が年間530億トンだったに対し、現在は1590億トンまで増えたという。

関連ニュース

裸で離島暮らし30年 日本のロビンソン・クルーソーが強制的に文明に引き戻される

南極から1兆トンの氷塊が分離 史上最大級

タグ
自然, 南極
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント