18:19 2018年09月23日
バハマ

米国人女性、美しい写真を撮るためにサメのいる海に入り、後悔する【写真】

CC0 / Pixabay
社会
短縮 URL
102

米カリフォルニア出身のモデルで大学生のカタリーナ・ザルツキーさんが、バハマで起こった不愉快な出来事について語った。

スプートニク日本

ザルツキーさんは、入り江でコモリザメを目撃した。コモリザメは通常は人間に危害を加えないとされている。

ザルツキーさんは以前、人間とコモリザメが一緒に写っている写真をみたことがあり、自分もインスタグラム用にコモリザメと写真を撮ろうとした。

​ところが、はじめはスムーズにいっていたが、数分後に1匹のサメに手首を噛まれ、水中に引っ張られてしまった。

​幸いにもザルツキーさんは慌てることなく、サメから逃げることができたという。

関連ニュース

サメが女性を水中に引きずり込もうとする映像がネットに

カリフォルニアでダイバーがイタチザメの口の中をのぞく

タグ
動物, 写真
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント