06:02 2018年11月22日
がんを引き起こす製品訴訟、47億ドル支払いをJ&Jに義務付け

がんを引き起こす製品訴訟、47億ドル支払いをJ&Jに義務付け

© AP Photo / Mike Derer
社会
短縮 URL
0 92

米ミズーリ州の裁判所の陪審がジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)社に対し、同社の製品を利用したことが原因で自身のがんが引き起こされたと訴えた女性22人に約46億9千万ドルを支払うよう義務付けた。12日、ブルームバーグが伝えた。

スプートニク日本

この総額は米国史上、製品の品質不良に関する審理の結果として陪審が命じた最高額の賠償金リストで6位を占める。陪審員による評決は全員一致で下された。

J&Jの広報担当者は、裁判所の評決は不公正であるとし、控訴すると明言した。

詐欺、及び一部の同社製品が取り返しのつかない害を健康に与える可能性があるとの情報を隠蔽した罪に問われているJ&Jに対しては、米国で既に数千件の訴訟が起こされている。一連の原告は、同社の衛生用製品が、強い発がん因子であるアスベストの塵を含んでおり、この塵が卵巣がんを引き起こしたと主張している。

関連ニュース

ジョンソンエンドジョンソン ガン死亡女性遺族への7200万ドルの賠償請求判決が無効

ベビーパウダーで発がんジョンソンエンドジョンソン社に史上最高の4億1700万ドルの賠償金判決

タグ
健康, ガン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント