00:45 2018年08月22日
タイ洞窟のサッカー少年

タイ洞窟のサッカー少年ら、仏僧になることを希望 死亡したダイバー追悼のため

© REUTERS / Soe Zeya Tun
社会
短縮 URL
0 53

タイの洞窟に閉じ込められ、無事に救出されたサッカーチーム「ワイルドボアーズ(野生のイノシシ)」の少年らが、救出活動中に死亡した元タイ海軍のダイバーを追悼するために、一時的に仏門に入る可能性がある。サッカーチームのコーチが、退院後の記者会見で明らかにした。

スプートニク日本

18日、サッカーチームの少年とコーチは、救出後に入院していた病院から退院した。

タイの仏僧
CC0 / Pixabay
タイの仏僧

なお少年たちの親も、このような形で救助活動中に亡くなったダイバーを追悼したいという子供たちの意向を伝えた。

ウェブサイトThe Conversationによると、これは初めてのことではない。タイで広まっている上座部仏教の教えによると、このようなケースで仏門に入ることは、死者に対する最高の敬意の一つとされている。

なお仏門に入った場合、少年たちは「完全」な僧侶よりも禁止事項が少ない「bhikkhu」と呼ばれる「見習い僧侶」となる。

関連ニュース

洞窟から子供らを救出し疲労した救助隊員の写真、「スーパーヒーロー」として世界を魅了

タイ洞窟少年救出、超大作映画に?

タグ
宗教, タイ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント