08:17 2018年11月14日
月食

21世紀最長の月食が終了【写真】

© AP Photo/ Kin Cheung
社会
短縮 URL
0 70

21世紀で既に起こった、あるいはさらに起こる全ての月食のうちで、最も長時間にわたる月食が終わった。

スプートニク日本

今回の月食は、モスクワ時間の27日21時24分に始まり、皆既の段階は22時30分から0時13分まで続いた。月食はロシア全土から観察でき、極東でさえも見ることができた。

NHKによると、日本でも、空が晴れた九州や四国などの一部で見ることができた。

月食の継続時間がここまで長くなった理由は、月が「遠地点(地球から最も遠ざかる位置)」近くにあり、地球によって投げかけられる影よりも著しく小さかったからだ。

今回の月食は、火星が「衝(地球から見た時に、太陽系の惑星が太陽と正反対の位置にある状態)」を迎えて地球に大接近するという別の天文現象と重なった。赤い惑星は地球に最も接近し、その輝きは木星を上回った。その結果、火星はこの夜、太陽、月、金星に次いで最も明るい天体となった。

関連ニュース

日食が持病に与える影響、医師が語る

タグ
自然, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント