23:10 2018年12月18日
花とろうそくチェブラーシカ

「チェブラーシカの生みの親」エドゥアルド・ウスペンスキー氏が死去

© Fotolia / Leonid Shtandel © Sputnik / Ilia Pitalev
1 / 2
社会
短縮 URL
121

14日、ロシアの作家エドゥアルド・ウスペンスキー氏がモスクワで亡くなった。80歳だった。ロシアメディアが伝えた。

スプートニク日本

ウスペンスキー氏の家族が死亡を確認した。

​ウスペンスキー氏は長年にわたりがんで闘病生活を送っていた。9日、ウスペンスキー氏の様態が悪化した。同氏は意識を失い、病院に緊急搬送された。

1937年モスクワ郊外生まれ。ウスペンスキー氏の創作活動は学生時代に始まり、ユーモア作家として人気を博した。同氏はまた、『チェブラーシカ』, 『プロストクヴァシノ』, 『プラスティシンのカラス』 等、数多くの作品の脚本を手掛けている。作品は25カ国語以上に翻訳されている。

関連ニュース

チェブラーシカの生みの親ウスペンスキー氏 人気アニメシリーズの続編制作を明らかに

タグ
死去, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント