06:12 2018年11月17日
Google ユーザーを部分的に追跡の事実を告白 AP通信

Google ユーザーを部分的に追跡の事実を告白 AP通信

© REUTERS / Eric Gaillard
社会
短縮 URL
0 55

Googleは、一連のケースではユーザーがスマートフォンのGPS機能を解除しているにもかかわらず、その現在地を追跡している事実を認めた。AP通信が報じている。

スプートニク日本

Googleがこれを認めたのはAP通信にGoogleのユーザー追跡についての記事が掲載された数日後。AP通信はGoogleの一連のアプリケーションやサイトが、ユーザーがGPS機能の設定を解除しているにも関わらず、その追跡を行っていることを暴露した。

AP通信によれば、これまでGoogleのサイトのインストラクションには、ユーザーの現在地の記録機能が解除されている場合、アカウントのメモリーには「あなたが訪れる場所は記録されない」と書かれていた。ところが今回、AP通信がこの記事を書いたことから、Googleはインストラクションのこの項目を修正し、ユーザーがGPS機能を解除していても、「検索やマップ機能を使った場合、現在地情報は残る可能性がある」と書いている。AP通信は「現在地をより分かりやすく、明確にするためにその記録についての説明箇所を書き直した」とするGoogle側の説明を引用している。

関連ニュース

グーグル、政治広告購入者の情報公開へ

グーグル・グラスで自閉症の子どもを助ける その方法は【写真】

タグ
Google
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント