05:45 2018年12月15日
ローマ法王、同性愛を告白した子供を非難しないよう親たちに呼びかける

ローマ法王、同性愛を告白した子供を非難しないよう親たちに呼びかける

© AFP 2018 / Vincenzo Pinto/Pool
社会
短縮 URL
166

ローマ法王フランシスコは、同性愛のテーマに再び触れ、自分の子供が非伝統的な性的指向を認めた場合に、親は子供を非難するべきではないと指摘した。

スプートニク日本

法王は、アイルランドの首都ダブリンからローマへ戻る機内で記者団に、その場合の親の行動について「非難するのではなく祈ること、対話すること、理解しようと努力することだ」と語った。

法王は「沈黙が助けになるとは決して言わない。おまえは私の息子、私の娘だ。同じように私はおまえの父、おまえの母だ。話し合おうじゃないか。この息子は家族の資格を持っており、追放されるべきではない」と語った。27日、ローマ法王のアイルランド訪問に同行したイタリアメディアが伝えた。

フランシスコ法王は、2013年の就任後まもなく、このデリケートなテーマに初めて触れた。当時法王は「もし同性愛の人が神を求めており、善意の持ち主であるならば、私に裁く資格があるだろうか?」と述べた。

関連ニュース

ローマ法王、死刑許容せずとの文書を承認

タグ
ローマ法王
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント