11:17 2018年09月19日
死んだ子ザルを手に持ち悲しむサルを写真に撮影

死んだ子ザルを手に持ち悲しむサルを写真に撮影

© 写真: Instagram/ Latestkruger
社会
短縮 URL
0 10

南アフリカ共和国のクルーガー国立公園に滞在した観光客の女性が、死んだ子ザルを手に持つベルベットモンキーを写真に撮影した。写真は同公園のインスタグラムページで公表されている。

スプートニク日本

見たところ、子ザルは死産だったようだ。深く悲しむ母ザルは、子ザルの非常に小さな体を前足に持っている。

ベルベットモンキーは、エチオピアとソマリアから南アフリカ共和国までのアフリカ東部・南部に生息する小型のサル。大人の雌の身長は約42センチになる。

関連記事

米国 犬が飼い主の少年を強盗から守ろうとして銃で撃たれる

エクアドル地震 救助犬「ダイコ」ガレキの下から7人無事救出後 疲労のため死す

タグ
びっくり, 動物
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント