14:06 2018年11月15日
キエフ

ウクライナ人作家 「ロシア語を話すウクライナ国民は『ウイルス』に侵されている」

© Fotolia / aviavlad
社会
短縮 URL
1217

ウクライナ人作家のラリッサ・ニツォイ氏はFacebook(フェイスブック)で、ロシア語を話すウクライナ国民を「脆弱」と中傷する投稿をした。

スプートニク日本

ニツォイ氏は、ウクライナの国粋主義者の「カフェでロシア音楽を止めるように」との要求を発端に始まったウクライナの都市ドニプロにおける騒動に言及し、ロシア語を話すウクライナ国民は「ロシアによるプロパガンダ」に脆弱であると批判した。

ニツォイ氏はまた、ロシア音楽や映画を「ウイルス」と表現し、同ウイルスに対する「ワクチン」はウクライナ語であると主張した上で、「もしロシア語を話すのであれば、その者の脳はウイルスに侵されており、ロシア人の視点から『色眼鏡』で世界を見始める」と述べた。

関連ニュース

米国家情報長官、露を批判 「ウクライナ政府の不安定化を狙っている」

ウクライナ元首相、新憲法制定を提言

タグ
ウクライナ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント