04:29 2018年09月21日
うつ病

負の感情を最も頻繁に抱くのはどこの国の住民? 学者らが明らかにする

© Fotolia/ Dundanim
社会
短縮 URL
130

2017年に最も頻繁に負の感情を抱いたのは中央アフリカ、イラク、南スーダンの住民だった。Gallup社の調査の結果、明らかになった。

スプートニク日本

社会学者らは、146カ国の人々を対象に、世論調査の前日に負の感情を抱いたかどうかを調査した。回答者の38%が不安を感じたと答え、37%がストレスを感じた、31%が肉体的な痛みを感じたと答えた。

ワーストランキングの1位は、中央アフリカ。その後、複数のアフリカ諸国が続く。

ロシアは、台湾、ポーランド、スウェーデン、ニュージーランド、オランダ、ブルガリアと同じく、負の感情が最も少ない国の一つだった。

関連ニュース

世界で最も多く酒を飲む国々を発表

タグ
調査, アフリカ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント