22:28 2018年10月16日
コカ・コーラ

コカ・コーラ、大麻飲料を検討=ブルームバーグ

© Sputnik / Yevgeni Biyatov
社会
短縮 URL
0 15

米清涼飲料大手コカ・コーラが、大麻(マリファナ)入りの清涼飲料水を検討している。ブルームバーグが17日、報じた。

スプートニク日本

コカ・コーラは現在、カナダの大麻メーカー、オーロラ・カンナビスと協議している。まだ具体的な決定はない。

飲料に大麻草に含まれるカンナビジオールを用いることを検討している。カンナビジオールは向精神作用をもたない。他の成分と違い、高揚を引き起こさない。

ブルームバーグによると、伝統的な飲料市場が停滞するなか、メーカーは流行りの成分として大麻配合を検討している。

コカ・コーラ初のアルコール飲料が、日本で発売された。ジャパンタイムズが報じた。なおレシピは極秘とされている。

28日から同社のレモンサワー「檸檬堂」が九州で限定発売された。アルコール分3%、5%、7%の3種類があり、容量は350mlで、税抜き価格は150円。

関連ニュース

コカ・コーラ社、金属への追加関税で減収と訴え

2017年の最も価値あるブランド発表 トップは?

タグ
食べ物, びっくり, おもしろい, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント