12:20 2018年10月20日
クラゲ

巨大クラゲ・モンスター ニュージーランドで発見【写真】

© Depositphotos / Ead72
社会
短縮 URL
0 30

ニュージーランドの海岸で巨大なクラゲがうちあげられているのが発見され、話題を呼んでいる。ポータル「スタッフ.CO」が報じた。

スプートニク日本

クラゲが発見されたのは北島のワークウォース市に近い海岸。散歩中に巨大クラゲを発見したディキンソン夫妻は、異様なクラゲを見つけて驚いた。クラゲは巨大な体で知られるライオンタテガミクラゲだった。

発見したイヴ・ディキンソンさんは「あちらこちらにクラゲが散らばっていて本当に驚いたのですが、なかにこの大きな、他とは異なるクラゲがいたんです。色も形も本当にきれいで、私たちは長い間眺めていました」と語っている。クラゲは国家水大気調査研究所で調べられた結果、ライオンタテガミクラゲだったことが判明した。調査したダイアナ・マクファーソン氏によれば、ライオンタテガミクラゲは温かい時期にはニュージーランドには多く現れるものの、このクラゲは時季外れにあまりに早く現れてしまった。

​ライオンタテガミクラゲはニュージーランドに棲息するクラゲとしては最大。通常、直径50センチほどだが、時に1メートルにまで達することがある。

関連ニュース

マルマラ海が突然オレンジ色になった理由は?

タグ
動物
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント