14:40 2018年10月20日
携帯充電のため操縦室入ろうとした男、強制降機

携帯充電のため操縦室入ろうとした男、強制降機

CC0 / Pixabay
社会
短縮 URL
0 31

飛行機が離陸をしようとするまさにその直前、乗客のある男が携帯電話の充電をしようと操縦室に入ろうとした。男は強制降機させられた。英ガーディアン紙が報じた。

スプートニク日本

インド北東部ウェストベンガル州のコルカタ(カルカッタ)発、西海岸ムンバイ行の便の離陸準備中に事件は起こった。男があまりにしつこく操縦室に入ろうとしたため、飛行機から強制退去させ、警察に引き渡した。インドの複数の報道によれば、男は酔っていた。

警察は男を取り調べたが、間もなく解放した。

ガーディアン紙によれば、同様の事件が1週間で2度発生している。月曜日、首都デリー発ビハール州州都パトナ行の機内が航行中、ある男が非常用出口を開けようとした。他の乗客がこれに気づき、警報を鳴らしたことで、男を止めることができた。

関連ニュース

ダブリンで飛行機に乗り遅れた男が滑走路を激走

タグ
飛行機, インド
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント