14:38 2018年10月20日
スクリパリ氏は、米国への移住提案を拒否した-記者が発表

スクリパリ氏は、米国への移住提案を拒否した-記者が発表

© REUTERS / Kommersant/Yuri Senatorov
社会
短縮 URL
スクリパリ氏服毒事件 (109)
0 21

英ソールズベリーで毒物による襲撃を受けたロシア軍参謀本部情報総局(GRU)のセルゲイ・スクリパリ元大佐は、自宅へ戻ることはなく、どこで暮らすのかはまだ明らかではないが、他の国へ行くことは望んでいない。書籍『Skripal Files』の著者で英BBCの記者マーク・アーバン氏は、このように主張している。

スプートニク日本

スクリパリ元大佐へのインタビューに基づいて執筆されたアーバン氏の『Skripal Files』は、4日に発売された。

アーバン氏は書籍に「現在もスクリパリ氏とその娘は警察の保護下にあり、仕事に行くことはできない。だが、スクリパリ氏は自宅に戻るのかという質問の意味はなく、同氏の家は英国の納税者によって占められ、この通り(ソールズベリー)における彼の生活は終わった…」と書いている。

またアーバン氏によると、スクリパリ氏は特に米国などの他の国へ移住する案には否定的な反応を示した。書籍では「スクリパリ氏がダウニング街の(英政府の)病院に入院していた時、彼らに米国や英語圏の国へ行き、新たな個人データを提供するという提案があった。だが、私が耳にしたところによると、この案を気に入った者は(スクリパリ親子のうち)誰もいなかった」と述べられている。

関連ニュース

スクリパリ氏、NATO4カ国の諜報機関で活動=ドイツ誌

スクリパリ氏事件 3人目の被疑者を英国が特定

トピック
スクリパリ氏服毒事件 (109)
タグ
事件, 英国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント