19:31 2018年10月18日
ジェイムス・ガン監督

マーベル社から解雇のジェームズ・ガン映画監督 ライバル企業へ

CC BY-SA 3.0 / Gage Skidmore / James Gunn speaking at the 2016 San Diego Comic-Con International in San Diego, California.
社会
短縮 URL
0 30

8年前に行った児童虐待をジョークにした不適切な発言を理由にマーベル社を解雇された、映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のジェームズ・ガン監督が新たな就職先を見つけた。ガン氏はDCコミック社に移り、スーパーヒーロー映画の制作を行う。ハリウッド・レポーターが報じた。

スプートニク日本

ハリウッド・レポーターによると、今回、ガン氏は、DCコミックの悪役を集めたアンチヒーロー映画『スーサイド・スクワッド』の続編の脚本を担当する可能性がある。現段階では、このプロジェクトの監督は決まっておらず、ガン氏が監督役も引き受けることもありうる。

ロサンゼルス・タイムズの報道によれば、8月21日、ウォルト・ディズニー・スタジオは不適切なツイートを理由に『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のジェイムス・ガン監督を解雇した。

問題となったツイートは2008年〜2011年に投稿されたもので、小児性愛やレイプ、エイズ、人種差別に関係している。

ガン氏はすでに謝罪を表明。キャリアを開始した当初は「自身を挑発者だと考えており、無礼でタブーだった映画やジョークを作っていた」とした上で、すでに人間として成長しており、もうこうしたことは行わないと発表していた。

関連ニュース

ディズニー、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』監督をクビ 過去ツイートで

降板の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』監督の復帰を求めるファンが17万人に

タグ
スキャンダル, 文化, 映画, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント