13:46 2020年02月22日
社会
短縮 URL
164
でフォローする

娯楽目的での大麻の所持と使用を合法化する法律が17日、カナダで発効した。解禁初日、カナダの111カ所の販売店には長蛇の列ができ、エドモントン出身の少女が、これを利用してお金を稼ごうとした。

スプートニク日本

販売店「ノバ・ カンナビス」の客らによると、ガールスカウトの制服を着た小さな女の子が朝から訪れ、クッキーを売り始めた。少女は大きな箱を3つ持っていた。少女の父親は、通りがかった車もクッキーを買うために停車したと話した。

​父親は、よく売れたと語った。30箱のクッキーが45分で完売するとは思っていなかったという。少女は合わせて120ドル以上を稼いだ。

​少女の父親は「こんなことは一度も見たことがない。これは素晴らしいアイデアだと言われた。娘はよく働いたという人たちもいた。私たちはこれを、大麻とは何か、またカナダでは大麻が合法化されたことを娘に教える機会として利用した」と語った。

関連ニュース

カエデの葉の国がマリファナの葉の国に カナダで大麻合法化

タグ
医学, カナダ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント