04:52 2018年11月16日
カナダ

カナダ マリファナ合法化で品不足

© REUTERS / Chris Helgren
社会
短縮 URL
0 22

カナダではマリファナ合法化の連邦法が発効してからマリファナの品不足が続いている。インディペンデント紙がCBCテレビの報道を引用して伝えた。

スプートニク日本

カナダでは10月17日よりリラクゼーションを目的とした使用のためのマリファナの販売が開始されている。これまでの報道では、カナダの一連の都市ではマリファナの需要が高まっていることが伝えられていた。

マリファナ合法化案でカナダ政府からの主任コーディネーターを務める国境管理庁のビル・ブレー長官はCBCテレビに対し、カナダは消費者の需要を満たすだけの十分な量のマリファナを用意できなかったことを明らかにしていた

ブレー長官は「我々は品切れになるのは数種のみで需要はそう大きくないだろうとふんでいた」と事態が予想を上回ったことを認めた上で、「よいインフラのおかげで問題は解決できるだろう」と指摘している。

関連ニュース

カナダの大麻販売店に、クッキーを売るために少女が訪れる。30箱が45分で完売

タグ
改革, 医学, カナダ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント