10:36 2018年11月13日
Google

Googleの社内セクハラ解雇でルーピン氏だけに高額退職金の疑惑

© AP Photo / Marcio Jose Sanchez
社会
短縮 URL
0 20

Googleは社員向けのメールで過去2年間にセクハラを行った48人を解雇し、そのうち13人の上級管理職には退職金を支払わなかったことを発表した。

スプートニク日本

ピチャイCEOによるこのメールを入手したCNBCの報道によれば、CEOはセクハラへの調査徹底し、職務権限を持つ人への基準を厳格化していることを明らかにしている。

一方でニューヨーク・タイムズは、セクハラ退社をさせられた中には、「Androidの父」として知られるアンディ・ルーピンも入っており、ルーピン氏は9000万ドルの退職金を受け取っていたと報じている。NYタイムズ紙はすっぱ抜き報道を行う前に裁判文書やGoogle社員ら30名から聞き取り調査を行い、裏付けをとっていたと記事の正当性を主張している。

これに対してルーピン氏はセクハラは行っておらず、退社は自分の意思によるものと主張している。

関連ニュース

フェイスブックに7200万円罰金 英国

アウディ、排ガス不正で千億円罰金

タグ
セクハラ, スキャンダル, Google, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント