06:58 2018年11月16日
米国のパスポート

トランプ大統領、出生の事実による米国籍の付与をやめる計画

Greg Blomberg
社会
短縮 URL
371

トランプ米大統領は、米国で生まれた子どもたちへの国籍付与をやめたいと考えていることを明らかにした。トランプ氏は、この基礎的変更は議会の介入を必要としないと指摘した。英インディペンデント紙が30日、報じた。

スプートニク日本

英インディペンデント紙によると、トランプ氏は「ばかげだことだ。なぜなら我が国は、人がやって来て、子どもを産み、その子どもは米国市民となり、85年にわたってすべての恩恵を持つ市民となる唯一の国だからだ。これはばかげたことであり、やめなければならない」と指摘した。

またトランプ大統領はすでに行政機関と協議し、「プロセスはすでに始まった。これは行われる」と指摘したという。ロシアのマスコミが報じた。

米国の法律では、外国人は出生の事実によって国籍を得ることができる。米国で生まれた場合、すべての権利と義務を持つ米国市民となる。

関連ニュース

イタリア政府、不法移民対策強化法を採択

富裕層はどこでなぜ国籍を買うのか? ブルームバーグ調査

タグ
びっくり, ドナルド・トランプ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント