06:57 2018年11月16日
病院

ロシアで世界初病気の子どもたちの支援サイト「短所ショップ」が開設

© Sputnik / Vladimir Trefilov
社会
短縮 URL
151

発達障害を持つ子どもたちを支援する世界初の慈善インターネットショップがロシアで開設された。ロシアメディアが報じた。

スプートニク日本

プロジェクトの発案者は、通常の生活には、寝坊で仕事に遅刻したり、ファーストフードを食べたり、休日をソファーでごろごろ過ごしたりすることだってあるはずだと断言している。

「こうした短所なんか、みんな、いたって普通のことだと私たちは思っている。でもこういうことを心の底からやりたいと思っている人たちだっているんだ。だってこうしたひとつひとつの短所の裏には、数えきれないほどの可能性があって、発達障碍児の親たちは、自分の子がそれできたらどんなにいいだろうと思っているのだから。」サイトショップにはこんな説明が書かれている。

気になるショップの仕組みだが、サイトをあけると「怠惰」「たいくつ」「SNSへの依存」「文盲」といった項目が並んでいる。訪問客はその中から自分にある悪癖や悪い性格を選んで「買い物」をする。収益金は、3歳未満の発達障害児の家庭の支援プログラムに費やされる。

関連ニュース

米孤児院のカメラがとらえた 養子縁組を2年待った少女の激情【動画】

タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント