13:49 2018年11月18日
万里の長城

中国、2030年までに「訪問者数が世界最多の国」に 調査結果が発表

CC BY-SA 3.0 / Severin.stalder / The Great Wall of China
社会
短縮 URL
0 40

新たに発表された調査結果によると、中国が今後、休暇で訪れる旅行先として世界で最も人気がある国となるほか、入国する旅行者と出国する旅行者双方の数が最多の国となることが予測されていると、市場調査会社「ユーロモニター・インターナショナル」による報告書をもとにガーディアン紙が伝えている。

スプートニク日本

専門家らの見解によると、中国は2030年までにフランスを追い抜き、世界で最も人気のある観光先の国となるほか、国外へ向かう旅行者の数でも米国とドイツを首位の座から降ろすことになるという。

今回の調査によると、入国者数で中国が首位を確保する助けとなるのは、台湾や香港を含むアジア地域内からの観光客。これらの観光客にとっては、ビザ取得手続きが現時点で以前よりも簡素化されている。

2023年までに、中国では国内観光産業も成長するとみられている。同国の住民による国内旅行の回数は年間で67億回となり、この数字は2018年と比べて42.5%多い。

関連ニュース

自然の保全状態が最も良好な国=ネイチャー誌

外国人労働者に最も条件が良い国リスト

タグ
観光, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント