03:19 2018年12月18日
南スーダン

世界で最も危ない国が決定

East News/Xinhua / eyevine
社会
短縮 URL
0 02

医療と渡航安全のサービスを提供するインターナショナルSOS社は、2019年、旅行者にとって最も高リスクな場所としてリビア、アフガニスタン、ソマリア、シリア、イエメン、マリ、南スーダンを挙げた。英紙デイリー・メールが報じた。

スプートニク日本

これは、これら諸国で旅行者が問題に直面する可能性が高いことを意味する。安全水準が低く、健康リスクが高いほか、道路を移動する際に深刻な危険性がある。

会社によると、国民の健康が最大限のリスクを被っている国は南スーダン、ニジェール、コートジボワール、イラク、ベネズエラ、北朝鮮、シエラレオネだ。道路の移動の安全水準が最も低いのはブラジル、ボリビア、サウジアラビア、イラン、カザフスタンだという。

上記3要素で最も安全な国はノルウェー、フィンランド、アイスランド。そして安全の面でリスクが低い国はデンマーク、スイス、スロベニア、グリーンランドとなった。

関連ニュース

世界で最も天才的な企業50社が発表される

欧州でもっとも汚染された都市ランキング

タグ
文化, 事故, 事件, ソマリア, 南スーダン, アフガニスタン, イエメン, シリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント