18:35 2018年12月16日
真珠湾攻撃

真珠湾攻撃で生き残った最高齢退役軍人が米で死去

© REUTERS / U.S. Naval History and Heritage Command
社会
短縮 URL
0 01

日本の航空隊と艦隊による真珠湾海軍基地への攻撃で生き残った最高齢の米退役軍人、レイ・チャベス氏が106歳で死去したと、サンディエゴ・ユニオン・トリビューン紙が伝えている。

スプートニク日本

同紙が伝えているところでは、チャベス氏は3年前、真珠湾の退役軍人らがチャベス氏について、1941年の日本軍による攻撃の後に生き残った最高齢の退役軍人であると認定した時に有名になった。

1941年12月7日の真珠湾への攻撃の結果、2400人超が殺害され、1200人が負傷し、米太平洋艦隊の大部分が戦線を離脱させられた。米国は同日、日本に対し宣戦を布告し、日本海軍の壊滅と広島での米国による原子爆弾使用の後の1945年9月2日、日本の降伏を勝ち取った。

関連ニュース

「真珠湾攻撃を忘れてはいないぞ」トランプ氏の奇妙な弁に安倍首相はショック WP紙

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント