18:39 2018年12月16日
露国籍者6人を米当局が起訴 サイバー犯罪で

露国籍者6人を米当局が起訴 サイバー犯罪で

© Sputnik / Vladimir Trefilov
社会
短縮 URL
0 22

米当局が、ロシア国籍保有者6人とカザフスタン国籍保有者2人について、サイバー犯罪を行った罪で被疑者不在のまま起訴した。ニューヨーク州東部地区検察局のウェブサイトで発表された。

スプートニク日本

今回の公訴は27日、ブルックリンにある連邦地方裁判所で提起された。起訴されたのは、いずれもロシア国籍保有者のアレクサンドル・ジューコフ被告、ボリス・ティモヒン被告、ミハイル・アンドレーエフ被告、デニス・アヴデーエフ被告、ドミトリー・ノヴィコフ被告、アレクサンドル・イサエフ被告の6人のほか、いずれもカザフスタン人のセルゲイ・オフシャンニコフ被告とエフゲニー・ティムチェンコ被告の2人。8人の被告は、デジタル広告を利用した詐欺やコンピューターシステムへの侵入、個人情報の窃取、資金洗浄の罪に問われている。同検察局は、被告らの活動による損失が3600万ドル超に上っていると発表している。

指摘によると、これまでにオフシャンニコフ被告はマレーシアで、ジューコフ被告はブルガリアで、ティムチェンコ被告はエストニアでそれぞれ逮捕されている。これら3人の被告については、米国に引き渡される予定。他の被告らは現在、自由の身のままとなっている。

米司法省は10月、「ロシア軍士官」7人が複数の組織へのハッキングを試みたとして非難した

タグ
ハッカー
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント