17:10 2018年12月15日
米航空宇宙局(NASA)

NASA長官「マスク氏、今後は公の場で大麻を吸わず」

© AP Photo / Patrick Semansky
社会
短縮 URL
0 02

米航空宇宙局(NASA)のブライデンスタイン長官が、米実業家のイーロン・マスク氏を自らが信頼しており、マスク氏がコメディショーの中継放送中に大麻を吸ったとみられている事案が繰り返されることはないと確信していると述べた。アトランティック誌が伝えている。

スプートニク日本

同誌は、「我々はたくさん話をした。お伝えしておきたいが、彼(マスク氏)は他のあらゆる人と同じ位、安全というものに身を捧げているし、それ(大麻の吸引)が容認される行為ではなかったということを彼は理解しており、あなた方が今後、そのようなことを目にすることはないだろう」とのブライデンスタイン長官の言葉を引用している。

この際、ブライデンスタイン長官は、既に今回の事案以前に予防措置として、マスク氏が最高経営責任者(CEO)を務めるスペースX社、及びボーイング社の企業文化について検証を行う意向だったと指摘した。

10月、イーロン・マスク氏はポッドキャスト用『ジョー・ローガン・エクスペリエンス』の取材で生放送でマリファナを使用した。

関連ニュース

イーロン・マスク氏:人間は人工知能に対抗するために機械と融合することになる

NASAがイーロン・マスク氏の大麻喫煙でボーイングとスペースXを検査へ

タグ
スキャンダル, NASA, イーロン・マスク, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント