16:18 2020年07月04日
社会
短縮 URL
0 22
でフォローする

ミス・ワールド2018で、メキシコ代表のバネッサ・ポンセ・デ・レオンさんが優勝した。

スプートニク日本

ミス・ワールドの公式アカウントはツイッターで「第68回ミス・ワールドの称号は、メキシコ代表のバネッサ・ポンセ・デ・レオンに贈られる、おめでとう!」と投稿した。

ミス・ワールド世界大会の最終選考は中国・海南省で行われた。第1回ミス・ワールドは1951年、英国で実施された。

  • バネッサ・ポンセ・デ・レオンさん
    バネッサ・ポンセ・デ・レオンさん
    © REUTERS / Jason Lee
  • バネッサ・ポンセ・デ・レオンさん
    バネッサ・ポンセ・デ・レオンさん
    © AFP 2020 / Greg Baker
  • バネッサ・ポンセ・デ・レオンさん
    バネッサ・ポンセ・デ・レオンさん
    © REUTERS / Jason Lee
1 / 3
© REUTERS / Jason Lee
バネッサ・ポンセ・デ・レオンさん

関連ニュース

「ミス・ユニバース」 シベリア出身のロシアの女性がアイスランド代表に

ロシアいち美しい女子大生が決定【写真】

タグ
文化, 美容, モデル, メキシコ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント