01:51 2020年05月29日
社会
短縮 URL
0 30
でフォローする

ノルウェーの首都オスロ在住のマッヅ・ノーデン氏が、貴重なアルビノ(色素のない白子)のトナカイの子どもを発見した。このトナカイの毛は完全に色素がないため、雪の中に姿が溶け込んでいる。

スプートニク日本

ノーデン氏が写真を撮ろうとすると、このトナカイは嫌がるわけでもなく、いくつかポーズを決めてくれたほど。SNSに投稿されたアルビノのトナカイの写真には、数万人の「いいね」がカウントされた。

タグ
写真, びっくり, 動物
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント