09:20 2019年05月22日
子

露大統領府、がんを患う子供から「伝染」との訴えを巡る状況にコメント

© Depositphotos / oatautta@gmail.com
社会
短縮 URL
230

モスクワの集合住宅に住むある女性が、がんと診断されてこの集合住宅に居住している子供らについて、賃借されている区画から強制的に立ち退かせるよう求める署名集めを主導していることに関して、ロシアのペスコフ大統領報道官がコメントした。がんを患う子供らのためにこの集合住宅内で住居を賃借しているのは、ある慈善基金。一部の居住者は、がん患者が他の人々にがんを伝染させる可能性があると恐れている。

スプートニク日本

ペスコフ報道官は記者らに対し、現在の状況についてコメントするよう求める依頼に応え、「これは、言うまでもなく、かなり反響を呼ぶニュースであり、残念なことだ。このニュースについては、我々もまたメディアを通して情報を得ている。これは、ロシア大統領府が取り組むような問題にはなり得ない。我々は、これに関して遺憾の意を表明することができるだけだ」と述べた。

病を患う子供らを立ち退かせようという提案を支持する居住者らの意見によれば、がん患者は専門のホテルで生活するべきだという。隣人らを最も怯えさせているのは、子供らがマスクをつけ、誰も部屋を消毒しないということだ。

それでも、この意見を全員が共有しているわけではない。集合住宅の入り口には、「がんは伝染しない」と書かれたビラがあちこちに貼られている。一方、住居を賃借している慈善基金では、周囲の人々にとって患者らが脅威ではなく、賃貸アパートに居住することは正常な生活方法だと保証している。

タグ
医学, スキャンダル, ガン, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント