17:35 2019年01月21日
フェイスブック

教授がSNSへの偽投稿を課題 学生たちが見事に成功 その中身とは【写真・動画】

© Sputnik / Natalia Seliverstova
社会
短縮 URL
1 0 0

米ミズーリ大学でメディアコンバージェンスの基礎を教えるアンドリュー・クライン教授は、即座にインターネットの話題をさらう投稿するという難題を、学生たちに与えた。

スプートニク日本

当初予想されたシナリオは、学生たちは課題に失敗するが教訓的な授業となるというものだった。

多くの聴衆に特別に興味を引かせるのは大変難しい。しかし、これを成し遂げられたなら、大金を手に入れることができる。教授の予想に反し、女学生のシドニー・アールトさんと5人の同級生がこの難題をやってのけた。

彼女らは、偽の物語を考えだし、クライン教授が彼女らを手助けするよう説得、全てをビデオに収め、アールトさんの個人アカウントからツイッターに公表した。

​偽の投稿は、教授は最終試験の代わりにパーティーを準備したが、しかし、誰も来なかったという内容だった。投稿された動画では、ほとんど誰もいない教室にサンタの帽子を被り、贈り物を持って座っているクライン教授の寂しそうな様子が写っている。驚いたことに、この動画は1週間で約800万回再生され、現在リツイートは7万回を超えている。

クレイン教授にはメッセージが届き始めた。彼には同情の声や励ましの言葉がかけられ、公開された動画への自分の反応を撮影した人も現れた。

クレイン教授は、励ましの言葉をかけたツイートの大部分は、彼の学生たちが撮影した動画より、真実は少ないと確信した。

教授の意見によれば、何かへの感情的な反応は、ソーシャルネットワークの文化の一部だ。

​クレイン教授はまた、この動画の信憑性を疑わなかった人たちに批判的思考が欠如していることに不満を感じた。なぜなら、最終試験を行う代わりに、教授がなぜパーティーを用意していたのか疑問に思う人はほとんどいなかったからだ。

シドニー・アールトさんと5人の同級生が取り組んだ課題には、最高点が与えられた。

関連ニュース

柱による目の錯覚にネットユーザーが当惑【写真】

中国、SNSでの行動が信用格付けに影響:悪い投稿をすると飛行機に搭乗できなくなるかもしれない

タグ
びっくり, おもしろい, テクノ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント