08:26 2019年04月20日
東京

日本での米国への信頼が低下 2000年以降最低

CC0 / Pixabay
社会
短縮 URL
243

読売新聞と米ギャラップ社が実施した世論調査では、日本人の米国への信頼が低下し、2000年以降最も低くなったことが明らかとなった。

スプートニク日本

読売新聞が18日に発表した世論調査によると、米国を「信頼している」と答えた日本人はわずか30%だった。

読売新聞は、その主な原因は「トランプ米大統領が対日貿易赤字の是正を求めていることへの反発」だとの見方を示している。なおトランプ大統領が日本に対して貿易不均衡の是正を求めていることについては、日本人の75%が「納得できない」と答えた。

一方、日米安保条約がアジア・太平洋地域の安全に役立っているか否かに関する質問には、日本人の64%が「役立っている」と答え、前回から大きな変化はなかったという。

世論調査は11月30日~12月2日に全国の有権者を対象にコンピューターで無作為に作成した固定電話と携帯電話の番号に電話をかけるRDD方式で実施され、日本人1036人が回答した。

関連ニュース

世論調査で、ロシアとの平和条約交渉加速に関する日本人の意見が示される

タグ
調査, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント