23:09 2019年07月18日
5月1日の祝日を祝うソ連の若者

ソ連崩壊を残念に思うロシア人、過去10年間で最大に

© Sputnik / Shjerbakov
社会
短縮 URL
122

ロシアの非政府研究機関レヴァダセンターは、過去25年間にわたって同機関が実施した世論調査のデータを比較し、ソ連崩壊を残念に思うロシア人の数が最近増加し、2018年には過去10年間で最大になったとの結論に至った。

スプートニク日本

回答者の66%が、ソ連時代に懐かしさを感じている。2017年の調査では58%で、過去10年間で61%を超えたことはなかった。

なお最大を記録したのは2000年で、75%だった。

ソ連に懐かしさを感じている人の大半は55歳以上。一方、過去2年間で18歳から24歳の若者の間でもソ連を懐かしく思う人が増えている。

ロシア人がソ連を懐かしく感じる主な原因は、統一経済システムの崩壊(52%)、大国への帰属意識の喪失(36%)、相互不信と社会の冷酷さの増大(31%)などとなっている。

関連ニュース

ロシア、未完のソ連重原子力空母計画に復帰か?【写真】

目を拭き、心を洗ってください:ロシアの偉大な作家ソルジェニーツィン生誕100年

タグ
文化, 歴史, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント