10:33 2019年07月20日
動物の扱いに関する史上初の法律が露で承認 今後、動物に接触できる動物園と猫カフェは全て禁止

動物の扱いに関する史上初の法律が露で承認 今後、動物に接触できる動物園と猫カフェは全て禁止

© Sputnik / Aleksandr Galperin
社会
短縮 URL
2154

ロシア下院(国家会議)に持ち込まれてから8年後、国会議員らが、ロシアで初めてとなる動物の扱いに関する法律を承認した。下院のウェブサイトで指摘されているところでは、この法律の承認を特に待っていたのは世論、とりわけ論議に積極的に参加してきた動物愛護活動家らだった。

スプートニク日本

新たな法律は、動物を虐待から守り、それがどのような口実の下でも、動物を殺すことを所有者に対して禁止する。

動物を参加させた戦いを開催することや、動物を狩り立てることは禁止される。

動物虐待の宣伝のほか、アパートの居住区画や個人の住宅で野生の猛獣を飼育することは禁止される。

動物と接触できる動物園の活動のほか、カフェやレストランで動物を飼育することは禁止される。すなわち、禁止措置は人気のある猫カフェにも及ぶ。

監督する人のいない動物に対しては今後、「捕獲-不妊手術-予防接種-以前の生息地への返還」という計画が機能していく予定。

シェルターに対しては、不治の病気に関する獣医学上の取り決めのない動物を殺すことが禁止された。

関連ニュース

日本、国際捕鯨委員会から脱退の可能性

タグ
動物, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント