00:29 2019年11月19日
インド 女人禁制の寺院に3人目の女性参拝者 タブーをめぐる社会不穏やまず

インド 女人禁制の寺院に3人目の女性参拝者 タブーをめぐる社会不穏やまず

© AP Photo / R S Iyer
社会
短縮 URL
0 32
でフォローする

インドのケララ州で何世紀にもわたって生殖能力のある女性の立ち入りを禁じてきたヒンドゥー教のアイラッパ神の寺院で、3人目となる女性の信者の参拝が行われた。3人目の女性参拝者となったのは、スリランカからやってきた46歳の巡礼者で、1月4日にかけての深夜に参拝が叶った。

スプートニク日本

ケララ州の保守的な住民は依然として女性信者に対する寺院への立ち入りに反対している。抗議行動が開始されてから警察による逮捕者の数は1369人に及んでおり、717人が拘置所に入れられているほか、1人が警察との衝突で死亡している。

1月2日、2人の女性信者が警察の警護のもとに史上初めてアイラッパ神の寺院に参拝した。ケララ州では女性の寺院参拝をめぐり、これ支持する市民と反対する市民の間で大規模な衝突、抗議行動が燃え上がったため、参拝した女性らは現在も警察の保護のもとに潜伏している。

2018年9月、インドの最高裁判所はすべての女性にアイラッパ神寺院への参拝を許可する判決を下した。ヒンドゥー教の教えではアイラッパ神は童貞であるため、女性の信者は誘惑する恐れがあるとしてその参拝が忌避されてきた。

タグ
事件, インド
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント