01:58 2019年01月19日
ジェームズ・ワトソン

ノーベル賞受賞教授 人種差別発言で名誉職を追われる

© Sputnik / Evgenya Novozhenina
社会
短縮 URL
0 22

DNAの分子構造を発見したことでノーベル生理学・医学賞を受賞した米国の分子生物学者ジェームズ・ワトソン氏(90)は自身がかつて所長を務めていたコールド・スプリング・ハーバー研究所の名誉理事の称号を剥奪された。

スプートニク日本

称号剥奪の理由となったのはワトソン氏がPBS社のドキュメンタリー映画で行った発言。ワトソン氏は映画の取材のなかで人種の如何なく知的能力は同等であるという見解に疑問を呈した。同研究所がサイトでこの事実を公式的に発表した。

コールド・スプリング・ハーバー研究所はワトソン氏を激しく糾弾し、同氏の保持していた名誉理事、功労所長、オリバー・グレイス記念功労教授の称号を剥奪した。同研究所の声明はワトソン氏の発言について「科学では証明されてはおらず、研究所の職員、理事、教師、生徒らの視点を一切反映するものではない」と断言している。

コールド・スプリング・ハーバー研究所はこれよりも前にワトソン氏を糾弾しており、2007年、別の取材でワトソン氏の行った発言を非難して理事会から追放している。

ワトソン氏は、「アフリカの将来については私は全く悲観的である。アフリカに対する社会政策のすべては『アフリカ人の知性は我々と同等である』という前提で行われているが、それは間違いである」と語り、人種差別的な見解を非難されていた。

関連ニュース

ノーベル物理学賞の女性、ウィキペディアの個別ページ作成には値しないと見なされる

サーローさん、首相官邸訪問へ 6日、官房副長官と面会予定

タグ
スキャンダル, ノーベル賞
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント