15:01 2019年05月23日
北朝鮮国籍の男、麺660キロを不法に持ち込もうと試み 露沿海地方

北朝鮮国籍の男、麺660キロを不法に持ち込もうと試み 露沿海地方

CC0 / Ninosan
社会
短縮 URL
0 03

ウスリースク税関の職員らが、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)からロシアの沿海地方に重さ660キロの麺を不法に持ち込もうとした試みを阻止した。不法持ち込みを試みた朝鮮人の男は、この麺を同胞らに販売するつもりだったという。ロシチニン税関長が記者らに対し明らかにした。

スプートニク日本

ロシチニン税関長は、「朝鮮民主主義人民共和国の国籍を有する男1人が、ロシア国内に滞在している同胞らに販売する目的で、麺を持ち込もうと試みた。客車を検査した際、各コンパートメント内の下段寝台の下から、朝鮮民主主義人民共和国で製造された麺が入った袋が2、3個ずつ、税関監視署の職員らによって発見された」と述べている。

税関長によると、合計で27袋、総重量668.6キロの麺が発見されたという。麺の持ち主である北朝鮮国籍の男は、蕎麦粉で作られた麺を販売目的で運んでいたと説明。麺は商品として申告されておらず、私的利用を目的とする場合の輸送基準量を著しく上回っていた。

関連ニュース

サッカーW杯ロシア大会の際に入国の外国人、5千人超が未だ不法滞在

窃盗、密輸、その他の犯罪 ロシアでは何の罪で猫が起訴されるか

タグ
びっくり, 北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント