11:21 2019年05月23日
キリル総主教

露正教会のキリル総主教、ウクライナ教会の分離に論評

© Sputnik / Sergey Pyatakov
社会
短縮 URL
0 81

ロシア正教会のキリル総主教が、ウクライナ教会による分離についてコメントし、ウクライナにおける(教会の)分離を支持したり、(ロシア正教会の権威を受け入れ)模範として認められているウクライナ正教会の聖堂を占拠したり、司祭らを殴打したり、政治勢力が信仰生活に干渉したりすることは、神の意志に反するものであると述べた。

スプートニク日本

キリル総主教は、「分離を作り出してはならない。神の意志に反する行動に出てはならない。一体であることを説き、一体となることを人々に呼びかける一方で、実際には全く反対のことを行うというようなことは、してはならない」と述べている。

キエフでは2018年12月15日、ウクライナ政府による積極的な関与のもと、コンスタンチノープル総主教庁の代表者らによって、いわゆる「統一公会(聖職者による会議)」が開催され、この会議で新たなウクライナ正教会の設立が宣言された。1月6日には、コンスタンチノープル総主教が新たなウクライナ正教会のエピファニー総主教に対し、独立を認めるトモス(宣言文書)を手渡した。

関連ニュース

ウクライナ大統領 露とは「たとえ冷たくとも和平が必要」

タグ
宗教, ウクライナ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント