09:13 2019年02月20日
スウェーデンの女性ジャーナリスト、ロシアの公共交通機関に驚く

スウェーデンの女性ジャーナリスト、ロシアの公共交通機関に驚く

© Sputnik / Alexander Vilf
社会
短縮 URL
0 130

スウェーデンの女性ジャーナリスト、アンナ=レーナ・ローレンさんは、ロシアの公共交通機関の印象について執筆し、その信頼性の高さと迅速な対応を指摘した。ローレンさんの記事は、スウェーデン紙ダーゲンス・ニュヘテルに掲載された。

スプートニク日本

ローレンさんは「列車、トロリーバス、地下鉄。ロシアでは気温の急変、厳しい寒さ、雨や雪などによる地面のぬかるみ、薄氷などにかかわらず、すべてが時間通りに運行している。冬のモスクワでは、タクシーの運転手が適切な時期にタイヤを交換するとは限らないため、公共交通機関で移動したほうがより安全だ」と執筆した

またローレンさんは、シベリアでは冬になると気温がマイナス40度以下に下がるが、雪が降っているにもかかわらず列車が走っていると指摘している。

さらにローレンさんは、ロシアでは鉄道の維持管理が国の管轄下にあり、必要な場合には発生した問題に作業員が「即時対処」することにも驚いたという。

タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント