00:28 2019年07月23日
フェイスブック

なぜSNSで自分の行動を一つひとつ知らせることに意味がないのか 心理学者が説明

© Sputnik / Natalia Seliverstova
社会
短縮 URL
0 100

スペインのマドリード・コンプルテンセ大学で教授を務める心理学者のホセ・アントニオ・モリーナ氏が、スプートニクとのインタビューに応え、人が自分自身に対して、インターネット・リアリティへの自分の欲求について、いつ警鐘を鳴らし始めるべきか説明した。

スプートニク日本

モリーナ教授は、SNSへの執着は今のところ、病的状態の一覧表に加えられてはいないが、インターネットへの依存は今後、正真正銘の精神障害に発展する可能性があると警告。

「何かが自分の生活に干渉し始めるようになっていれば、例えば、寝つくのを妨げていれば、それはもう問題だ。フェイスブックに20分間立ち寄ろうと思って、結果としてそこで1時間、2時間、3時間過ごしてしまい、自分がコントロールを失い始めていると分かっていれば、それは問題であるかもしれない」と説明した。

モリーナ教授の話によれば、自分の行動を一つひとつネット上に投稿している人々は、自分自身の自己評価が非常に低いため、並行現実を作り出そうと試みているのだという。もちろん、面白い場面を投稿するのは良いのだが、そのような場面は毎日起きるものではない。

モリーナ教授は、「何かに取り組んでいる時には、そのことに集中しないといけない。もしサッカー観戦に行くのであれば、それを満喫するべきであって、誰が何を投稿したか携帯電話でチェックするようなことはせず、自分自身でも何も投稿しないほうが良い。その瞬間をぜひ満喫してほしい」とアドバイスしている。

関連ニュース

英保険相、国内のSNSブロッキングと警告

インスタグラム、自傷行為や自殺に駆り立てる可能性のあるコンテンツを隠すと発表

タグ
おもしろい
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント